お金借りる言い訳ってどうしてる?言い訳無しで借りれる方法ある?

お金を借りる時に言い訳が思い浮かばないということも、多々あると思います。

 

例えば親からお金を借りようとする場合に、親が納得するようないいわけがなかったとしたら、いつまで親のすねをかじるんだ」などと小言を言われてしまうこともあります。

 

また、友人からお金を借りる際にも、友人が納得できるようないいわけがなかったとしたら、その友人との友達関係が壊れてしまう原因にもなりかねません。

 

なので言い訳をどう準備するかというのは、非常に重要なことなんですが、正直なところ、そんなにいい言い訳が浮かぶということは、なかなかありません。

 

私自身も、どうしてもお金が必要になって、親や友人からお金を借りようとしましたが、まずお金を貸してくれる友人が思い浮かばなかったので、親から借りようと思いましたが、言い訳が全くもって思い浮かびませんでした。

 

その時に、ネットで色々調べていたら、言い訳しなくてもお金を借りる方法があるということを知りました。

 

それがいわゆるカードローンの利用です。

 

アコムやプロミス、レイク、モビットなど、テレビ CM で有名なカードローンはたくさんありますが、私はそれまではカードローンというものはしっかりとした理由がないと利用できないと思っていました。

 

でも、ネットで調べてみた情報によれば、特にそう言った理由がしっかりしている必要はなく、むしろ審査の時に理由の項目は本当にざっくりとしたもので、そこまで詳しく見られることはないということを知りました。

 

もちろん、ギャンブルなどの資金として借りようとしている人の場合は、カードローン川としても回収する目処が立たないため、 NG になってしまうことも多いですが、例えば普通の生活費であったり、その他もろもろの日常生活で使うお金の場合であれば、特に理由ということで NG が出るわけではないと知りました。

 

つまりお金を借りる言い訳が必要はないということです。

 

もちろん、親や友人から借りる方が利息が少なくて済むという利点はありますが、そのせいで人間関係がこじれてしまうというリスクもありまし、急にお金を返して欲しいとせがまれる場合もあるかと思います。

 

しかしカードローンの場合は、そのようなリスクはないですし、利息に関してもかなり高いということもなく、場合によっては初めての利用であれば30日間無利息などのサービスもあります。

 

そう考えてみると、言い訳なしに一旦借りておいて、30日以内に返すことができれば、あるいは30日を超えたとしても、ちゃんと利息文を準備することができるのであれば、特に問題なく便利に使えるのが、カードローンであるということです。

キャッシングの利用法・借入れ手順など

銀行や消費者金融からお金を借りようと思うこともあると思います。

 

その時に言い訳は必要ないんですが、それ以前に欠かせないこととして、基本的にキャッシングの仕組みについて理解していくことが重要です。

 

というのも、様々な融資の中でもキャッシングというのは、用途が決まっているものであったり大規模なローンのケースを除いて、借りたお金を自由なお金で使うことができます。

 

つまり先ほどもお伝えしたように、言い訳なく自分の好きなように使うことができるのがキャッシングなのです。

 

なので、ほとんどの銀行やクレジットカード会社、消費者金融などにおいては、借入の利用の時には、言い訳などの書類は特に必要ありませんが、収入を証明する書類を提出することが必要になってきます。

 

なので、源泉徴収票であったり、所得証明書が必要なケースが多いのですが、一般的に融資額が50万円未満と言った少額の借り入れであれば提出する必要はないケースが多いです。

 

銀行やクレジットカード会社、消費者金融などからキャッシングする際に、もう一つ提出しなければならない書類として身元を証明することができる運転免許証などの本人確認が必要になってきます。

 

もちろん運転免許を持っていない人もいると思うので、その場合には保険証やパスポートのようにフルネームや住所、誕生日などが記載されている本人確認書類があれば大丈夫です。

 

ちなみに、消費者金融のカードローンであれば即日でのキャッシングは可能ですが、最近では銀行カードローンの場合には即日キャッシングには対応していないことも多いです。

 

また、消費者金融カードローンの場合には提携 ATM を使用して借り入れすると、街中の数を多くの AD などで申し込みが可能になっているので、わざわざ来店などをする必要がなく Web 上で申し込んでおいて、後で提携の ATM からお金を引き出すというような便利な使い方ができます。

 

それと担保や保証というものが必要ないというのも、消費者金融カードローンの便利な点ではないかと思います。

 

そのぶん利息が高めに設定しているというイメージがこれまでありましたが、実際にはそんなに高いということもなく、利息も法律に則った利息でしか買うことができなくなっているので、今はそこまで利息に関して心配する必要は無い時代だと思います。

 

こういったキャッシングの基礎知識などをしっかりとしていることで、様々なものに惑わされることなく、キャッシングを便利に活用したいことができるのでおすすめです。

 

 

カードローンやキャッシングを比較した時の明白な違いとは何か

 

カードローンやキャッシング、クレジットカードのキャッシング枠などはサービスの内容が似ているので、人によっては区別がつかないということもあります。

 

簡単に説明すると、クレジットカードというのはサービスを利用した金額を後で支払うことができるというカードで、最近ではそれだけではなくてクレジットカードにキャッシング枠などが付帯していることもあるので、そのキャッシングサービスを使ってお金を借りることもできます。

 

この際にも、お金を借りる言い訳は必要なく、クレジットカードにあらかじめ定められた額のお金を引き出せば OK です。

 

カードローンは借入していたお金の総てを賦払いあるいはリボで支払う事で返し、他方では通常は借り入れたたお金をいっぺんに完済することになります。

 

2つを比べてみてどちらの方が得になるかは場合により違います。

 

大体は近場にあるATMや現金自動支払機を使用するキャッシングでは、償還手段は一括で支払うのです。

 

しかし、近頃ではリボで払うことも見られるようになっててきていますので、カードローンに対する違う所は特には明白にはなりまん。

 

借り入れの限度額が設けられているカードローンですと、一月当たりに返すお金の金額も等しく定められた代金です。

 

ローンとは逆に、キャッシングの場合には貸付して貰った金額によって弁済金額が違っていくのです。

 

ここが我々顧客側にとっては最大のポイントと言えるでしょう。現在、私達がお金を借入する事が可能なカードにもたくさんのタイプのものが在ります。

 

今日ではカードローンですとかキャッシングは現代では非常にポピュラーな物となりつつあります。使いどころには注意して、もっと心地よい毎日の為の意味あるお金の借り入れに留意しましょう。